エクリプス(蝕)eclipse(光の遮断現象)、サロス周期(18年+11日) 読み物まとめ

・蝕とドラゴンポイント エクリプス(蝕)eclipseとは、光の遮断現象。つまり、日蝕、月蝕、そして星蝕を意味します。 出典 エクリプスって何ですか? - 秋月さやか占星幻想館 fantasy 2020 - : さて、エクリプスを引き起こす正体はドラゴンポイントです。 太陽の軌道が天空に描く環、黄道。そして月の軌道が天空に…

続きを読む

2020年6月21日(日)夕方、日本で観測できる部分日食が起きます!インターネット中継の配信もあり

2020年6月21日夕方に部分日食が起きます ▽ 6月21日(夏至)日本でも部分日食が観測できる 2020年6月21日(日)、夏至の日の夕方16時ごろから18時ごろにかけて、日本全国で部分日食が見られます。南西日本ほど大きく欠け、沖縄などでは深い部分食となります。また、インド北部や台湾などでは金環日食が起こります。 出典 【特集】2020年6月21日 部…

続きを読む

木星近辺で逆行する小惑星は、太陽系外からの移住者だった!

▽ 太陽系外で形成された小惑星が、木星近くに移住 太陽系の外で形成された「恒星間小惑星」でありながら、太陽系に飛来した後は他の惑星などと反対方向に公転しつつ太陽系内にとどまり続ける――そんな「移住者」のような特徴を持つ天体の最新の研究論文が21日刊行の天文学会誌に掲載された。 出典 CNN.co.jp : 木星に近い軌道の小惑星、45億年前に太陽系外から「移住…

続きを読む

2020年5月31日アトラス彗星が太陽に最接近!

アトラス彗星についてまとめてみました。 2019年12月に小惑星地球衝突最終警報システムに観測される 2019年12月28日にATLAS(Asteroid Terrestrial-impact Last Alert System、小惑星地球衝突最終警報システム)の観測で発見され、この年の最後に発見された彗星となった。 出典 ATLAS彗星 (C/2019…

続きを読む

人類が初めて観測した恒星間天体「オウムアウア」

人類が初めて観測した恒星間天体「オウムアウア」についてまとめました。 2017年10月、ハワイで観測される 2017年10月に米・ハワイのパンスターズ望遠鏡で発見された史上初の恒星間天体「オウムアムア」(1I/2017 U1)は、発見直後から世界中の望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡で観測が行われ、大きさや特徴などが調べられてきた。 出典 赤外線観測で調べたオウ…

続きを読む