土星の順行開始と冥王星の順行開始のホロスコープ

9月29日14時22分に土星が順行を開始し、10月4日22時22分には冥王星も順行を開始します。

<土星順行開始のホロスコープ>

土星の順行開始時点でのホロスコープを見てみました。

img_2020104930.png

アセンダント 水瓶座2度
ルーラー 天王星 牡牛座10度 (3室)
副支配星 土星 山羊座26度 (12室)
1室に月 魚座8度
OOB セレス 赤緯-25.23 水瓶座30度

獅子座金星と天秤座太陽がミューチュアル・レセプション

アスペクトでみると、
牡羊座火星(逆行)と山羊座土星がそれぞれ26度でスクエアです。
また金星も獅子座26度にあって、土星とはインコンジャクト(150度・かみ合わない)、火星とはトラインです。
金星は太陽とミューチュアル・レセプションの関係にあるので、山羊座3星と火星・金星・太陽(個人惑星)のようなイメージがあります。
山羊座は社会や組織を表すのに対して、火星は個人の男性性(アニムス)、金星は個人の女性性(アニマ)、太陽は個人の目指す人格、社会での人格を表すので、組織・集団の人格対個人の人格のような雰囲気が感じられるアスペクトです。
また、1室に月、セレスがOOBで、母性が強調されているような感じがします。

ルーラー 牡牛座10度 赤十字の看護婦
副ルーラー 山羊座26度 水の妖精



<冥王星順行時のホロスコープ>


img_20201041220.png

アセンダント 蟹座11度
ルーラー 月 牡牛座11度
OOB セレス 水瓶座30度

金星が乙女座に入っているので、太陽と金星のミューチュアル・レセプションは終わっています。
土星は8星をしたがえるファイナル・ディスポジターです。
火星と海王星はエスケープです。

アスペクトでは、
月と天王星のコンジャクション
月・天王星と水星のオポジション
月・天王星と太陽のインコンジャクト
火星と山羊座3星のスクエア
海王星と山羊座3星のセクスタイル

月・天王星は、マイペースや他人と同調しない姿勢をしめし、知性の水星と対抗関係、社会的人格をしめす太陽とかみ合わない関係と解釈できます。

火星と山羊座土星のスクエアは、行動・攻撃性を示す火星と、制限をしめす土星の困難なアスペクトなので、行動や攻撃性を制限される、と解釈できます。

ルーラー 月 牡牛座11度 花に水をやる女

時期が1週間ほどしか違わないので、当たり前といえば当たり前なのですが、セレスがOOBになっていて、アセンダントが牡牛座10度11度になっています。サビアンシンボルからは女性性や母性のようなイメージが読み取れます。