2020年10月10日は活動宮グランドクロスができるらしい

昨日、今日は、晴れて満月がよく見えます。
十五夜とは、旧暦の15日目の月だから、十五夜なのです。
月をもとに作っている暦だと15日目はだいたい満月になります。
実際は10月2日の午前6時ぐらいが満月でした。

星占いサイトを見てみると10月10日の下限の月でグランドクロスができる、という記事を見つけました。


10日は、蟹座の下弦の月を迎えます。

なんと、この下弦の月は、とてもパワフルです。

蟹座の下弦の月、太陽、火星、そしてトリプルコンジャンクションからなる、活動宮のグランドクロスが形成されています。

さらに、月、火星、土星の3天体が、本来のパワーを引き出すことができる、オウンサインとなります。

出典:10月4日~10日の運勢 大切にしたい日・牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座の運勢



だいたいグランドクロスはよくないんですよね。
苦難とか問題は人を成長させる素になります!みたいなポジティブ意見もあるのですが、できればトラブルは避けたいのが人情です。
成長なんかどうでもいいから楽したいタイプ、苦痛はなんとか避けたいタイプ、事なかれ主義タイプの人は、グランドクロスはほんとにめんどくさいです。

さっそく、ホロスコープを作ってみました。


202010020554037717670558.png
ホロスコープ作成

10月10日午前9時40分・愛知県・プラシーダスのホロスコープです。

下弦の月(蟹座)
月は蟹座18度、太陽は天秤座18度

活動宮グランド・クロスを見てみると、
火星 牡羊座23度
月 蟹座18度
太陽 天秤座18度
木星、冥王星、土星 山羊座19度、23度、26度

太陽は天秤座でフォールになって、品位がもっともよくない場所にありますが、火星、月、土星がそれぞれオウンサインにあります。
ちなみにこの中にフォールになっている惑星がもう一つあって、山羊座木星です。

太陽・木星がフォール、月・火星・土星がドミサイル(オウンサイン)
火星・土星はマレフィック(凶星)、太陽・木星はベネフィック(吉星)
なんとなく試練を予感させる組み合わせだな、という感じがします。

10月4日に冥王星が順行に戻るので、山羊座のトリプルコンジャクションに勢いがある状態かもしれません。

アスペクトで見ると、牡牛座の天王星とリリスのコンジャクション、天王星・リリスのコンジャクトと蠍座水星のオポジション。
木星と月のオポジションを魚座海王星が調停する形でもあります。この海王星もドミサイルになります。

天王星・水星のオポジションは、「突飛な発想」という形です。リリスと天王星の合は「大きな変化」、リリスと水星の180度は「毒舌」を意味しているようです。イメージ的に「舌禍によるトラブル」を暗示しているように見えます。

月と木星のオポジションは「過剰な楽観」、太陽と火星のオポジションは攻撃性やライバルの出現を意味します。

月がらみのアスペクトなので、形成は短時間に終わりそうで、影響は少ないと思いますが、火星逆行期でもあるので、注意したほうがいいかもしれません。