ユングとオカルト

ユングが自我とは別に、さらに大きな心全体であり、その中であり、バランスをとる役割をもつものとして考えたもう一つの自分、個としての全人格的なものという「自己」の存在を考えたのはここからである。
それは東洋の宗教では、禅の指し示す隠された世界であり、道教における全一的エネルギーをあらわす道であり、さらに金丹道の文献では、体内をめぐらす光の存在、そしてそれが集まる額におかれた城であった。
さらにそれは、易の陰陽を司る太極であり、チベットのマンダラ図に描かれた円形と四角の壁に囲まれ、四方の門の開かれている仏の座、マンダラであった。

ユングの考えでは、人間の心の中は、さながら夜空のようであって、さまざまな心的要因の断片がきらめていて、それらは結び合って星座を形成しているように見えた。

あなたがたの中にあるものを引き出すならば、それがあなたがたを救うであろう。あなたがたの中にあるものをひきださなければ、それはあなたがたを破滅させるであろう。

人間の意識をこえる全体的で統合的な何者かの自覚として、禅の悟りをとらえ直してみれば、そこには明らかにグノーシス的とよばれるものがあるかもしれない。・・我々の存在をこえたコスモス外の神々の行為に対する知識である。

この看取人たちは、しばしば旧約聖書による神の名前で呼ばれていたが、ここでもユダヤ教の唯一神である全能の神の概念がくつがえされ、その神は真の神ではなく、神性は持つが下級の霊的存在と考えられている。彼らによる支配がいわゆるヘイマルメネーとよばれる星の強制力である。

この天球を構成する大宇宙では、人間そのものが幾層もの天球によって閉じこめられ苦しんでいる。そして、その人間の内的世界である小宇宙(ミクロコスモス)では、幾層もの心魂という衣の中に真の魂である霊が埋没している。

占星術による運命決定論が見られ、人間はこの運命的な星の強制力から逃れることができずに、さまざまな苦労を重ねる。彼らの主神こそ、この宇宙を創造したものたちであり、その神または悪霊は、プラトンの「ティマイオス」に描かれている、この世界の製作者デーミウールゴスの名でよばれている。そして、デーミウールゴスをはじめ、各天球の看取人たちこそ、死後の人間の魂がその故郷である欠けたるもののない十万の場、プレーローマにもどることを妨げるのである。

ユングとオカルト (講談社現代新書) - 秋山 さと子
ユングとオカルト (講談社現代新書) - 秋山 さと子