瞑想ヨガ

八支則

1.禁戒
①暴力 ②嘘 ③盗まない ④エネルギーの無駄遣い ⑤貪らない

2.勧戒
①清潔 ②足るを知る ③苦しい環境に追い込む ④心をととのえる書物 ⑤献身的な心

3.座法
一点凝視瞑想法(トラタク)
欲する段階で人事を尽くしたら、あとは天命を待つ

4.調気
呼吸は、プラーナ(気)を操る手綱
プラーナヤーナ
呼吸の起伏が小さくなると感情や思考の起伏も小さくなる

5.制感
プラティアハーラ
欲望は五感の変化から引き起こされる

6.集中(欲する)
何かに没頭している感覚を思い出す
力ずくで瞑想は深められない

7.瞑想(感じる)
何かしらの感覚をただ感じている受動的な状態
心が完全に受動的になって澄み渡った状態

8.三昧(認める)
さまざまなものを認める心をもつ
自分の思いどおりにならなくても、事の行く末を見守る


よくわかる瞑想ヨガ - 綿本 彰
よくわかる瞑想ヨガ - 綿本 彰